マネーフォワードが2018年内に取引所開設!家計簿アプリや会計ソフトと連携する構想を明らかに

マネーフォワード

23日、家計簿アプリやクラウド会計ソフトを提供するマネーフォワードは、今夏から仮想通貨の交換業に参入すると発表した。

3月に設立した新子会社「マネーフォワードフィナンシャル」で、2018年内を目処に取引所を開設する予定としている。

加えて、仮想通貨とブロックチェーンに関するメディアも2018年に開始する。

仮想通貨業界に参入するにあたって設立された「マネーフォワードフィナンシャル」は、仮想通貨取引で不安視されているセキュリティ面をクリアにすることが使命。

同社が、これまで家計簿アプリやクラウド会計ソフトで培ったノウハウを投入していくという。

そのほか、潜在ユーザーに向け、仮想通貨について「知る」「交換する」「利用する」流れを一連のサービスで解決する構想も発表。

具体的には、「メディア」「交換所」「送金・決済サービス」の3つを通じて、ユーザーに仮想通貨を認知してもらう仕組みとしている。

さらに、これらで発生した損益などのデータを、同社がすでに運営している「マネーフォワード」アプリに転送。

仮想通貨について「知る」ところから、「資産管理&確定申告」まで、マネーフォワードフィナンシャルのサービスで解決していく。

取扱通貨については、規模の大きな銘柄をまず取り扱うと発表。セキュリティ面について、コールドウォレットとマルチシグの導入については「検討中」とのことだ。

利便性を高め、まだまだ多いと言われる仮想通貨の潜在ユーザーに訴えかけるビジネスモデルを発表したマネーフォワード。2018年内の開始に向け、期待が高まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です